ビジネスホン(ビジネスフォン)

イーダイレクトのビジネスホンについて

各種メーカーのビジネスホンを取り扱っております。
専門スタッフが利用状況に応じてコンサルティングいたします。

【ビジネスホンの購入ガイド】

業種・業態問わず、複数の外線と内線を共有するビジネスホンは、業務に不可欠です。
しかしながら、どのようにビジネスホンを新設・増設する際に、どのようなポイントに留意すべきか、またどのように導入を進めていくべきか非常に分かりづらいものです。

イーダイレクトでは、はじめてビジネスホンのご購入を検討される方にもわかりやすいように、ヒアリング・現地調査の上で、導入手順や選び方のポイントなどをお伝えしております。

ビジネスホンの必要台数と回線数を決める

まずはじめに、必要なビジネスホン(電話機)の台数を決め、回線(外線)数を決めます。
回線数は、電話を同時に使える数とお考えください。
台数は、従業員数とほぼ同じなのが基本ですが、オフィスのレイアウトや業態によっても異なって参ります。

例えば、営業社員が多い・内線の利用頻度が多いという会社では、やはり1人1台が必要になってくる可能性もあります。
逆に、比較的電話から離れて業務を行うワークスタイルだったり、複数名でシェアできるレイアウトであれば、必ずしも社員数とイコールである必要はなくなってきます。

また、回線数についても、アナログ回線かISDN回線かによって1回線あたりのチャンネル数が異なってまいります。
アナログ1回線だと、1チャンネル(1通話)ですが、ISDN回線では1回線で2チャンネル(2通話)利用可能です。

このあたりも、実際にヒアリングの上、決定していきます。

ビジネスホンの新設・増設の手配から工事までの流れ

  1. 導入するビジネスホンの台数やオフィスのレイアウトを決めておきます。
  2. 開業によるオフィス新設の手続きや、オフィス移転などの手続きなどが完了次第、工事を開始します。
  3. オフィスのレイアウトに合わせて電話線の配線工事を行います。
  4. ビジネスホンを設置し、1台ずつ設定作業を行います。
  5. お客様のご要望通りに工事ができているかどうか、お客様とチェックします。
  6. 工事内容に問題がなければ完了となります。

ご相談やお見積などは0120-077-705までお気軽にご連絡ください。

取り扱いビジネスホン一覧

日立ビジネスホン integral-E

meidentsu_et-36ie-sd-b-2
日立のビジネスフォンの中でも主力製品のintegral-Eを、
お求めやすい価格にて導入・設置いたします。


【標準機能】

ナンバーディスプレイ対応

留守番電話

転送電話

電話帳機能 最大10,000件

短縮ダイヤル 最大10,000件

ワンタッチダイヤル

発信履歴 30件

着信履歴 50件

【便利機能】

録音機能

迷惑電話対策

携帯ブラウザ連携機能

外線お待たせメッセージ

電話機エコモード

【通話数・接続台数】

同時通話数:16通話

端末接続台数:48台

S 8通話 18台

M 16通話 48台

【電話回線】

ひかり電話オフィス

おとくライン(ISDN回線)

IP電話


saxa(サクサ)ビジネスフォン PLATIA

platia-l1
saxa(サクサ)ビジネスフォンの主力ラインナップPLATIAです。
大人気機種です。

【標準機能】

ナンバーディスプレイ対応

留守番電話

転送電話

電話帳機能 最大10,000件

短縮ダイヤル 最大10,000件

ワンタッチダイヤル

発信履歴 10,000件

着信履歴 10,000件

【便利機能】

ボイスメール

自動通話録音機能

リモートコールバック

省エネモード

緊急地

【電話回線】

ひかり電話オフィス

おとくライン(ISDN回線)震速報対応