お知らせ

2018年01月10日

やること盛りだくさんの事務所移転。事務所移転のあれこれをチェックシートで確認!!

898ad0a016349a3d00b2646f348bc6f8_s
家の引っ越しでも大変なのに事務所の移転は手続きの数もそのほか配線や電気工事などなどもっともっとやることがたくさんあります。初めて移転をする方にもわかりやすい様にチェックリストを作ってみたのご活用してみてください!!そして困ったことがあった時はぜひイーダイレクトへご相談ください。

事務所の移転はどんな流れで行うの?

事務所の移転は、以下のような流れで行います。
1.事務所移転計画の立案
2.「解約予告期間」や「原状回復条件」など、現事務所の契約確認
3.物件の選定
4.オフィスプランニング
5.スケジュール作成・移転準備
6.内装やインフラ工事
7.新事務所へ引越し
8.官公庁へ届け出をする
9.旧事務所の原状回復工事
ここでは各項目のチェックリストを用意しましたので、ぜひご活用ください!

事務所移転のチェックリスト

✔︎ 移転計画
・移転理由・目的
・移転時期
・総予算

✔︎ 現事務所の契約確認
・原状回復条件
・解約予告期間
・預託金(保証金・敷金)の返還時期

✔︎ 物件の選定
・コストの確認(賃料/共益費/礼金/更新料/手付金)
・入居可能時期
・立地
・社員の通勤時間や交通費
・最寄駅からのアクセス・所要時間
・取引先へのアクセス
・周辺環境(他テナント、金融機関、郵便局、飲食店など)
・駐車場
・エレベーターの有無
・ビルの使用可能時間
・防災・セキュリティ対策
・天井高
・採光
・風通し
・空調タイプ
・床の耐荷重
・配線方法
・コンセントの数・場所
・電気容量

✔︎ 物件の契約
・契約に必要なものの確認
(会社実印/会社の印鑑証明書/会社の登記簿謄本/代表者の印鑑証明書/預託金/手付金/仲介手数料/預り証など)
・契約条項の確認
(契約面積/賃料支払い時期/支払い方法/原状回復条件/付加使用料など)

✔︎ オフィスプランニング
・レイアウトプランの作成
・内装イメージの作成
・OA機器の検討
・オフィス家具の検討

✔︎移転準備
・社員への移転計画説明
・移転スケジュールの作成
・役割の分担

✔︎ 各種業者の選定(引越し/内装/OA機器)
・電話・インターネットの移転手続き
・引越し時に出る廃棄物の処理方法の確認

✔︎ 取引業者への連絡
・郵便の転送手続き
・移転案内状の作成
・社内印刷物の手配

✔︎ 官公庁への届け出
・法務局
・税務署
・都道府県税務署
・社会保険事務所
・労働基準監督署
・公共職業安定所
・消防署
・警察署

✔︎ 移転後
・移転案内状の送付
・原状回復工事

事務所移転で困ったときはプロにお任せ!!

事務所の移転となると、やることがたくさんありますね。
普段の業務を行いながらだと、かなり負担が大きいのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが、めんどうな手続きをワンストップで行ってくれるオフィス移転サービス。

イーダイレクトでは、各種移転手続きだけでなくオフィスレイアウトの提案やOA機器・オフィス家具の増設まで幅広く承りますので、移転にかかる時間や負担を軽減できます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
事務所の移転で慌てないためにも、事前のチェックはしっかり行いましょう。
もし困ったことがありましたら、どんなことでもご相談ください!


戻る