お知らせ

2018年05月28日

防犯対策お任せ下さい。




防犯カメラ(監視カメラ)は防犯目的に大きな役割を果たしてきました。
業務改善という違った目的でも防犯カメラは大きな役割を果たします。


防犯カメラの活用例


*設置目的・効果*
例えば、作業員の行程管理、物品の品質向上、
生産管理のため、工場内の作業面を可視化するために設置。
設置後、作業勤怠管理ができるようになり、
録画した映像データを振り返ることで、どこに無駄があるか、
改善点はどこかを簡単に見つけだし、業務効率がアップし、
また作業状況を録画することが出来るため、
従業員指導、育成にも役立つようになります。

*工事Point*
防犯カメラを施工する際に、考慮すべき点は、材質、構造になります。
これらを考慮した上で、取り付ける強度が十分にあるか見極めます。
天井に穴をあけカメラ設置後、配線を天井の上を通して隠します。


防犯カメラの種類


使用する場所によって、どのようなカメラが適しているか考える事で、
目的に合ったカメラを絞っていくことが出来ます。

・駐車場や車上荒らしの監視で夜間の屋外で使う場合、
 またはゴミ捨て場の監視、マナー向上で使用する場合、
 赤外線カメラが威力を発揮します。

・店舗やマンションオフィス(室内)で使用する場合、
 威圧感が少なく、室内になじみやすいドームカメラがおすすめです。

・店舗やマンションオフィス(出入口)で使用する場合、
 威圧感があり、威嚇の効果もあるボックス型のカメラがおすすめです。

・御自宅で遠隔監視したい場合は、
 スマホで見ることが出来るカメラがおすすめです。


まとめ


埼玉県で防犯カメラの設置をお考えの方は、是非OA機器販売のイーダイレクトにご相談ください。
IPカメラ、レコーダーなど工事費込みで請け負います。
現地でのお見積もりも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから→【お問い合わせメールフォーム】





戻る